道路の舗装に関する技術講演会を開催します



  一般財団法人都市技術センターでは、関西道路研究会と道路の舗装に関する技術講演会を
 共催いたします。
  本講演会は、関西道路研究会会員以外の方もご参加いただけますので、道路の舗装にご興味の
 ある方の申込みをお待ちしております。


  日時
   2020年 2月20日(木)13:30〜16:55【開場 13:10】

  場所
   大阪市立大学文化交流センター 第1研修室(ホール)
   〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600(大阪駅前第2ビル6階)

  主催
   関西道路研究会 舗装調査研究委員会

  共催
   一般財団法人 都市技術センター

  講演内容
   (1)「大阪市における舗装維持管理計画について」
      大阪市建設局 道路部 道路維持担当 山本 郁弥 氏
       本市では、平成20年度に「舗装維持管理計画」を策定し、予防保全の導入による長寿命化に
      主眼を置いてLCCの最小化や事業費の平準化を図る取り組みを進めてきた。
       本発表では、国土交通省による「舗装点検要領」の策定(H28.10)や、路面性状調査の
      一定の経過等をふまえた「舗装維持管理計画」の最新の改定を取り上げ、その概要について
      紹介する。


   (2)「道路建設現場における最近の安全性向上技術」
      株式会社NIPPO 総合技術部 ICT推進グループ 駒坂 翼 氏
       建設業における労働死亡災害は長年、全産業中で最も多い状況が続いている。
      さらに近年、人口減少や高齢化にともなう生産性低下が大きな課題となっている。
       これらの課題を解決するため、近年のセンサ技術を有効活用した道路建設現場の
      労働死亡災害につながる重機との接触事故対策、および生産性維持の核となる労働者の
      体調管理システム等について紹介する。


   (3)「高剛性アスファルト混合物を用いた鋼床版補強工法」
      東亜道路工業株式会社 技術本部 技術研究所 第二研究室 研究員 佐々木 亮太 氏
       老朽化した鋼製の道路橋では、鋼床版の局部変形に伴う疲労き裂が問題となっている。
       そこで、高温でも高い剛性を有するアスファルト混合物で鋼床版に生じるひずみを低減し、
      疲労き裂の進展抑制が可能な工法を開発した。本工法の補強効果や使用した混合物の性状、
      実橋での試験施工などについて紹介する。


   (4)「再生アスファルト混合物への機械式ファームドアスファルト技術の適用」
      前田道路株式会社 本店 製品技術部 技術開発課 課長 谷口 博 氏
       中温化技術の1つである機械式ファームドアスファルトの技術概要、現在全アスファルト
      混合物出荷量の75%を占める再生アスファルト混合物へ適用した場合の期待される効果および
      温度低減効果の持続性について紹介するものである。


  参加費
   無料

  定員
   120名(先着順により定員になり次第申込は締め切らせていただきます)

  申込み方法
   別紙参加申込用紙(Wordファイル)にご記入のうえ、FAXまたは電子メールにて
   下記申込み窓口までお申込みください。

  お問い合わせ先
   一般財団法人 都市技術センター 田中、大前(TEL;06-4963-2094)

  申込み窓口
   関西道路研究会 舗装調査研究委員会事務局
    東亜道路工業株式会社 関西支社 技術部 小河
    〒550-0011 大阪市西区阿波座1-13-13 TEL;06-6585-7580
    【申込み先】FAX;06-6538-8920  E-mail;h_ogawa@toadoro.co.jp

  その他
    当日の参加証等は発行いたしませんので、事務局から連絡がない場合は、当日会場へ
   そのままお越しください。
    本講演会は、土木学会CPDプログラムの認定を受けております。
   地盤工学会、全国土木施工管理技士会連合会、農業農村工学会へのCPD記録申請にあたり
   受講証明が必要な場合は、別紙「受講証明書(PDFファイル)(Wordファイルはこちら 受講証明書)」
   に必要事項をご記入のうえ、当日、講演会開始前に受付に提出してください。
    講演会終了後、受講証明印を押印のうえ返却いたします。
    講演会の資料は、関西道路研究会ホームページに2020年2月13日頃掲載いたします。
   当日の資料配布はいたしませんので、あらかじめ印刷のうえご持参ください。

  参考ページ
   関西道路研究会ホームページ URL;http://kandoken.jp/


 ※ 会場アクセス
   大阪市立大学 文化交流センター 第1研修室(ホール)
    大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
   

Copyright (C) Urban Infrastructure Technology Center Foundation / All Rights Reserved.