ごあいさつ

 現在の都市においては、道路、河川、下水道などの都市基盤が安心、安全な市民生活、都市活動を支えています。
 一般財団法人都市技術センターは、これら都市基盤施設に関する技術や経験を有する職員が、人材育成のための研修、技術継承のための調査・研究、都市基盤施設を健全に管理運営するための計画・設計・工事、維持管理や点検業務などの一端を担っております。

 当財団は、1978年(昭和53年)に「大阪市下水道技術協会」として設立され、大阪市下水道事業の補完、大阪府内自治体の下水道事業を支援する団体として業務を開始し、以降、「大阪市都市建設技術協会」「大阪府下水道技術センター」「大阪市都市工学情報センター」「大阪市道路公社」を順次継承することによって、業務を道路、河川、まちづくり事業等に拡大し、2013年に現在の名称「一般財団法人都市技術センター」に変更しました。
 さらに、2019年から大阪市の外郭団体から自立し、業務範囲の拡大、公民連携支援の強化を図り、経営方針である「都市技術の継承・普及」「都市インフラ・まちづくり支援」「国際貢献・ビジネスなど」を展開していきます。
 今後も、安全で快適なまちづくりに貢献してまいります。
     また、事務局を務める「関西道路研究会」、都市工学を核に人と知のネットワークを目指す「CITEさろん」、環境技術の国際展開を推進する「大阪 水・環境ソリューション機構」をベースに新たな展開にも取り組んで参りますので、引き続き当団体の活用、各位のご指導賜りますように、よろしくお願い申し上げます。
                                                                                                                                                            2019年7月1日
                               一般財団法人 都市技術センター

                                                                                         
理事長  永 井 文 博


ページトップへ
Copyright (C) Urban Infrastructure Technology Center Foundation / All Rights Reserved.